外国為替市場の基本を学ぶ: 主要通貨とクロス通貨ペアの選び方

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FX基礎知識
        GoldRushXM  

 

こんにちは!Pentaです。

FXでは、通貨ペアの選び方が成功のカギです。

主要な通貨からマイナーなものまで、

どれを選ぶかによってリスクとリターンが変わります。

今回は、初心者にとって理想的な通貨ペアは何か、

選び方のポイントと注意点を解説します。

あなたに合ったペアを見つける旅、さあ始めましょう!

 

LINE

 

外国為替市場の基本概念

外国為替市場は、

異なる通貨同士の交換が行われる市場であり、

為替レートが決定される場所です。

主な参加者は銀行、企業、政府機関、投資家などで、

24時間取引が行われています。

為替市場は世界最大の金融市場であり、

為替レートの変動は、

世界経済に大きな影響を与える要因の一つとなっています。

 

外国為替市場とは

外国為替市場とは、

通貨同士の交換が行われる市場のことを指します。

主要な通貨ペアには、米ドル/日本円、ユーロ/米ドル、

ポンド/ドルなどがあります。

 

外国為替市場は24時間営業しており、

世界中の金融機関や投資家が取引を行っています。

為替レートは需給関係や経済指標、

政治的要因などによって常に変動しており、

投資家は市場の動向を分析して利益を狙います。

 

外国為替市場はリスクが高いとされるため、

十分な知識と経験が必要です。

 

為替市場の参加者は、為替レートの変動によって利益を得ることができるため、

多くの投資家が注目しています。

外国為替市場は世界経済に深く関わる重要な市場であり、

日々のニュースや経済指標の発表が、

市場の動向に影響を与えることも少なくありません。

 

為替レートの仕組み

為替レートは、通貨同士の交換レートを示す指標です。

このレートは、市場の需給関係や経済状況などに影響を受けて、

常に変動しています。

 

為替レートが上昇すれば、その通貨が強くなっていることを示し、

逆に下落すれば通貨が弱くなっていることを意味します。

この仕組みは、外国為替市場での取引に影響を与えます。

 

外国為替市場では、様々な要因が為替レートに影響を与えます。

政治的なリスクや経済指標、金融政策の変化などが挙げられます。

特に、中央銀行の金融政策発表は、

市場に大きな影響を与えることがあります。

また、国際的なイベントや自然災害なども、

為替レートに影響を与える可能性があります。

 

為替レートの変動は予測困難であり、リスク管理が重要です。

投資家や企業は、為替リスクを適切に管理するために、

ヘッジ取引などの手段を活用しています。

為替レートの仕組みを理解し、

市場の動向を注意深く見極めることが重要です。

 

通貨ペアとは

通貨ペアとは、外国為替取引(FX)などで使用される、

重要な概念の一つです。

通貨ペアは、2つの通貨の組み合わせを指し、

相互の価値を比較するために使用されます。

例えば、米ドルと日本円の通貨ペアは「USD/JPY」と表記されます。

 

通貨ペアは、基本通貨と相手通貨の2つの通貨で構成されており、

基本通貨が1単位の価値を示す際に、

相手通貨の価値がどれだけ必要なのかを示します。

 

通貨ペアの価格は、国の経済状況や、

政治情勢などの要因によって常に変動しており、

投資家やトレーダーはこれらの要因を考慮して取引を行います。

 

通貨ペアの選択はトレードの成功に大きく影響を与えるため、

市場の動向や、

自身の投資スタイルに合った通貨ペアを選ぶことが重要です。

 

また、通貨ペアの特性や相場の流れを理解することで、

より効果的な取引が可能となります。

常に市場の情報を把握し、

リスク管理を徹底することが成功への鍵となります。

 

主要通貨ペアの特徴

主要通貨ペアとは、

米ドルを含む主要通貨と他の通貨との組み合わせを指します。

例えば、

  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • USD/JPY(米ドル/日本円)

・・・などがあります。

これらの通貨ペアは世界的に高い取引量を誇り、

市場の動向を把握する上で重要な指標となっています。

また、米ドルを含む通貨ペアはリスクヘッジや、

投資の際にも利用されることが多い特徴があります。

 

ドル/円

最近、為替市場で注目されているのが「ドル/円」の動向です。

ドル/円は、日本とアメリカの経済が密接に関連しているため、

世界中の投資家やトレーダーが注目する通貨ペアの一つです。

 

最近では、アメリカの景気回復や金融政策の変化などが影響して、

ドル/円の相場が大きく変動しています。

特に、米国の金利が上昇すると、ドルが買われやすくなり、

円安になる傾向があります。

 

逆に、米国の景気減速や政治的な不安があると、

ドルが売られやすくなり、円高になることもあります。

 

投資家は、これらの要因を注意深く分析し、トレンドを読み取ることが重要です。

為替市場は常に変動するため、

リスク管理をしっかりと行いながら取引を行うことが求められます。

ドル/円の相場に注目しながら、

慎重に取引を行うことが成功への近道と言えるでしょう。

 

ユーロ/ドル

最近の経済情勢において、

特に注目されているのが「ユーロ/ドル」の動向です。

ユーロ圏と米国の経済状況や政治情勢の影響を受けて、

ユーロとドルの相対価値が変動することがあります。

このレートが上昇すれば、

ユーロがドルよりも価値が高いと見なされることになり、

逆に下落すれば、ドルが優位と見なされることになります。

 

投資家や外国為替トレーダーにとっては、

このレートの動きを正確に予測することが重要です。

為替市場の動向を読み解くためには、

両国の経済指標や政策の動向を常に注視する必要があります。

 

特に米国の金利政策やユーロ圏の景気動向が、

このレートに大きな影響を与えることが多いです。

今後も両通貨の強弱を考慮しながら、

為替市場の動向をしっかりと把握していくことが求められます。

 

ポンド/ドル

「ポンド/ドル」は、

外国為替市場でのポンドとドルの交換レートを表す言葉です。

このレートは、英国の通貨であるポンドが、

アメリカの通貨であるドルと、

どの程度の価値を持つかを示しています。

 

外国為替市場では、通貨同士の交換レートが常に変動しており、

その変動は様々な要因によって影響を受けます。

経済指標や政治的な出来事、金融政策の変更などが、

ポンドとドルの相対的な価値に影響を与えることがあります。

 

外国為替市場での取引を行う際には、

ポンド/ドルなどのレートを注意深く観察し、

市場の動向を把握することが重要です。

為替レートの変動は予測困難であり、リスク管理が不可欠です。

投資家や取引者は、市場の変化に柔軟に対応することが求められます。

 

ドル/スイスフラン

最近の為替レートで、

スイスフランというのはかなりお得なレートです。

スイスフランは世界的に安定した通貨として知られており、

投資家や旅行者に人気があります。

特にヨーロッパ旅行を考えている人にとっては、

このレートは大きな魅力でしょう。

スイスの景色を楽しみながら、お得に買い物や食事を楽しめるチャンスが訪れているのだから、

この機会を逃す手はありません。

しかし、為替相場は常に変動しているため、

急いで取引をする必要があるかもしれませんね。

旅行や投資を考えている人は、

このレートを見逃さないように注意しておきましょう。

 

クロス通貨ペアの特徴

クロス通貨ペアとは、

主要通貨以外の通貨同士の組み合わせを指します。

例えば、ユーロと豪ドルの組み合わせなどがあります。

クロス通貨ペアは、

リスク管理や投資戦略の多様化に役立ちますが、

取引量が少ないため、スプレッドが広くなることがあります。

そのため、取引する際には注意が必要です。

 

ユーロ/円

最近の外国為替市場で、ユーロ/円の相場が注目されています。

ユーロ/円は、ユーロ通貨と日本円の交換レートを表しており、

日本と欧州の経済状況や政治情勢によって大きく影響を受けます。

最近では、欧州の景気回復が期待される一方で、

日本の経済は依然として不透明な状況が続いています。

このため、ユーロ/円の相場は不安定な動きを見せており、

投資家やトレーダーにとって注目すべき通貨ペアとなっています。

 

また、ユーロ/円の相場は為替取引において重要な指標となっており、リスク管理や戦略立案において欠かせない要素となっています。

 

投資家は、ユーロ/円の相場を注意深く観察し、

市場の動向に応じて適切な取引戦略を検討する必要があります。

今後もユーロ/円の相場は注目され続けることが予想されるため、

市場参加者は常に最新の情報を収集し、

慎重に取引を行うことが求められています。

 

ポンド/円

最近、ポンド/円の相場が注目されています。

この通貨ペアは、英国の経済や政治の動向によって、

大きく影響を受けるため、

投資家やトレーダーにとって重要な相場となっています。

特にBrexit(英国のEU離脱)の影響を受けて、

ポンド/円の相場は不安定さを増しています。

 

ポンド/円の取引は、

為替市場でのリスクヘッジや投資先の選定において、

重要な役割を果たしています。

また、ポンド/円の相場が急変することで、

投資家や企業にとって大きな損失をもたらす可能性もあります。

 

ポンド/円の相場は、常に注意を払う必要があります。

市場の動向や経済指標などをしっかりと把握し、

リスク管理を徹底することが重要です。

投資を行う際には、専門家のアドバイスを受けるなどして、

慎重に取引を行うことが求められます。

 

オーストラリアドル/米ドル

最近、オーストラリアドル/米ドルの相場が注目されています。

この通貨ペアは、オーストラリアドルと米ドルの交換レートを示しており、

両国の経済状況や政治情勢によって変動します。

特に、オーストラリアの鉱業や農業の景気動向が影響を与えることが多いです。

また、米国の金利や雇用統計なども重要な要因となります。

 

トレーダーは市場の動向を注意深く見極め、リスク管理をしっかりと行うことが重要です。

オーストラリアドル/米ドルはボラティリティが高い通貨ペアの一つでもあり、

急激な値動きが起こることもあるため、

慎重な取引が求められます。

最新のニュースや経済指標にも注意を払い、

トレンドを見極めることが成功への鍵となります。

 

ユーロ/ポンド

このレートは常に変動しており、

経済や政治の動向によって大きく変化することがあります。

ユーロ圏とイギリスは経済規模が大きいため、

両通貨の動向は世界経済にも影響を与えることがあります。

 

為替市場では、このレートの変動を利用して投資や取引を行うことができるため、

投資家や外貨を持つ企業は常に市況を注視しています。

特にブレグジットなどの政治的な出来事は、

ユーロ/ポンドレートに大きな影響を与えることがあります。

今後も両通貨の関係は注目されることでしょう。

 

主要通貨とクロス通貨の違い

主要通貨は世界的に広く使われる通貨であり、

米ドルやユーロなどが該当します。

一方、クロス通貨は主要通貨以外の通貨同士での取引を指し、

例えば豪ドル/円やユーロ/ポンドなどが該当します。

主要通貨は世界的な経済指標として広く認知されている一方、

クロス通貨は特定の地域や国に焦点を当てた取引に用いられることが多いです。

 

取引量の違い

仮想通貨取引所での取引量は、

取引所ごとに大きな違いがあります。

大手取引所では1日に何十億円単位の取引が行われる一方、

小規模な取引所では数十万円程度の取引量しかないことも珍しくありません。

取引量の違いは、取引所の規模や知名度、

取り扱っている仮想通貨の種類などによって異なります。

 

取引量が多い大手取引所は、

流動性が高くスプレッド(売値と買値の差)が狭いため、

取引の際に手数料が安く済むという利点があります。

また、大口の投資家や機関投資家が多く利用する傾向があるため、

市場の動きが比較的安定しています。

 

一方、取引量が少ない小規模な取引所は、

スプレッドが広く手数料が高めとなることがあります。

また、価格の急激な変動が起こりやすいため、

リスクが高いと言えるでしょう。

 

取引量は、

投資家にとって重要な指標の一つであり、

取引所選びの際にも考慮すべきポイントです。

自身の取引スタイルやリスク許容度に合わせて、

適切な取引所を選ぶことが成功への近道と言えるでしょう。

 

リスクの違い

リスクの違いについて考えると、

一般的にはリスクを分散させることが重要です。

投資やビジネスにおいても、

リスクを分散させることで、

リスクを最小限に抑えることができます。

 

例えば、株式投資では複数の銘柄に投資することで、

一つの銘柄が下落しても、

他の銘柄でリスクをカバーすることができます。

 

また、リスクの違いには市場リスクと特定リスクがあります。

市場リスクは市場全体の変動によるリスクであり、

特定リスクは個別の企業やプロジェクトに関連するリスクです。

市場リスクは分散投資によって軽減できますが、

特定リスクは分散投資ではカバーしきれない場合があります。

 

リスクの違いを理解し、適切に対処することが成功への鍵となります。

リスクを適切に管理し、自分にとって最適なリスクを取ることが大切です。

リスクを恐れずに挑戦し、

失敗から学ぶことで成長することができるでしょう。

 

主要通貨とクロス通貨の選び方

主要通貨とは、世界的に広く流通している通貨のことであり、

主要国の通貨である米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドなどが含まれます。

クロス通貨とは、主要通貨以外の通貨同士の取引のことであり、

例えばユーロ/円やポンド/豪ドルなどがあります。

通貨ペアを選ぶ際には、取引量や流動性、

スプレッドなどを考慮して選ぶことが重要です。

 

投資目的に合わせた選び方

投資を行う際には、

まず自分の投資目的を明確にすることが重要です。

投資目的には、将来の資産形成やリタイアメント資金の準備、

子供の教育資金のための貯蓄など様々なものがあります。

それぞれの目的に合わせて、

投資商品やポートフォリオを選ぶことが大切です。

 

例えば、将来の資産形成を目指す場合には、

リスクを取ることができる若い世代向けの成長株や、

新興市場への投資が適しています。

一方、リタイアメント資金の準備をする場合には、

安定した収益をもたらす債券や配当金が魅力的な株式など、

リスクを抑えた運用が求められます。

 

投資目的に合わせた選択が成功の鍵となりますので、

自分の目的に合致した投資商品や運用方法を選ぶことが大切です。

また、目的が変わった場合には、

適切にポートフォリオを見直すことも重要です。

投資は将来の自分や家族のために行うものなので、

慎重な選択が必要です。

 

リスク許容度に合わせた選び方

リスク許容度に合わせた選び方は、

投資や保険などの金融商品を選ぶ際に非常に重要です。

リスク許容度とは、

個々人がリスクをどれだけ受け入れることができるか、

を示す指標であり、投資家や保険加入者のライフスタイルや、

目標によって異なります。

 

リスク許容度が高い人は、

リスクが高くリターンも高い投資商品を選ぶことができますが、

リスク許容度が低い人はリスクが低いがリターンも低い商品を選ぶことが適しています。

 

自分のリスク許容度を理解し、それに合った商品を選ぶことが重要です。

また、リスク許容度は時間経過や状況によって変化することもあるため、

定期的に見直すことも大切です。

自分に合ったリスク許容度を持ち、適切な商品を選ぶことで、

資産運用やリスク管理をより効果的に行うことができます。

 

テクニカル分析との関係

テクニカル分析は、

株式市場や外国為替市場などの金融市場で広く利用されています。

この分析手法は、

過去の価格や取引量などの統計データを用いて、

市場の動向を予測するものであり、

投資家やトレーダーにとって重要なツールとなっています。

 

テクニカル分析は、主にチャート分析や移動平均線、

RSIなどのテクニカル指標を用いて、

市場のトレンドや転換点を見極めることができます。

これにより、投資家は市場の動向をより正確に把握し、

取引のタイミングや戦略を立てることが可能となります。

 

また、ファンダメンタル分析とテクニカル分析は、

相互補完的な関係にあります。

ファンダメンタル分析は企業の業績や、

経済指標などの要因を重視するのに対し、

テクニカル分析は市場心理や投資家の行動を重視します。

両者を組み合わせることで、より効果的な投資判断が可能となります。

 

テクニカル分析は市場の過去の動向を分析することで、

将来の相場の動きを予測する手法であり、

投資家にとって重要なツールとなっています。

 

主要通貨とクロス通貨の取引方法

主要通貨は米ドル、ユーロ、円などの主要な通貨で取引され、

クロス通貨は主要通貨以外の通貨同士で取引されます。

主要通貨は直接取引される一方、

クロス通貨は主要通貨を経由して取引されることが一般的です。

取引方法は、外国為替取引市場で行われ、

取引所やオンライン取引プラットフォームを通じて取引されます。

 

直接取引と間接取引の違い

直接取引と間接取引は、

商品やサービスを購入する際の方法における2つの主要な違いです。

直接取引は、消費者が製造業者やサービスプロバイダーと直接交渉して、

商品を購入する方法を指します。

一方、間接取引は、

小売業者や代理店を通じて商品を購入する方法を指します。

 

直接取引の利点は、

製造業者やサービスプロバイダーとの直接のコミュニケーションが可能であり、

商品やサービスの品質や価格について直接情報を得ることができる点です。

一方、間接取引の利点は、

小売業者や代理店を通じて商品を購入することで、

より便利で手間がかからない点が挙げられます。

 

重要なのは、どちらの方法を選択するにせよ、消費者が自分のニーズや予算に合った最適な取引方法を選択することです。

直接取引と間接取引の両方にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、

自分にとって最適な方法を選択することが重要です。

 

取引時間の違い

取引時間の違いは、投資家にとって非常に重要な要素です。

世界中で取引が行われているため、

市場が開いている時間帯によって価格が変動することがあります。

例えば、日本の株式市場が閉まっている間に、

アメリカの市場が活発に動いていると、

日本の市場にも影響を与えることがあります。

 

また、取引時間の違いによって、

取引の手数料やスプレッドが変動することもあります。

特に外国為替市場では、

世界中の取引所が異なる取引時間を持っているため、

24時間取引が可能ですが、

時間帯によってスプレッドが広がることがあります。

 

投資家は、取引時間を考慮して取引を行うことが重要です。

適切な時間帯に取引を行うことで、

より良い取引条件を得ることができるだけでなく、

市場の動向を把握しやすくなります。

取引時間の違いを理解し、それを活かすことで、

投資成果を最大化することができるでしょう。

 

取引手数料の違い

取引手数料は、投資商品を取引する際に支払う手数料のことであり、

証券会社や取引所に支払うことが一般的です。

取引手数料は、取引の金額や回数に応じて異なるため、

投資家にとって重要なポイントとなります。

 

一般的に、株式や先物取引などの取引手数料は、

取引金額に応じて一定の割合で計算されます。

一方で、FX取引や仮想通貨取引などの取引手数料は、

スプレッドやスワップポイントなどで計算されることが多いです。

 

取引手数料の違いにより、投資商品ごとにコストが異なるため、

投資家は取引手数料を比較検討することが重要です。

取引手数料が低い証券会社を選ぶことで、投資リターンを最大化することができます。

また、取引手数料だけでなく、

取引環境やサポート体制なども考慮して、

最適な証券会社を選ぶことが重要です。

 

主要通貨とクロス通貨の相場の動き

主要通貨は米ドル、ユーロ、円、ポンドなどの主要通貨を指し、

クロス通貨はこれらの通貨以外の通貨同士の取引を指します。

主要通貨は世界経済の中心であり、

相場の動きが大きな影響を与えます。

クロス通貨は主要通貨との相対的な強弱を示す指標として利用され、

相場の動きは主要通貨との関係性によって変動します。

 

影響を受けやすい要因

影響を受けやすい要因には、さまざまな要素があります。

例えば、経済状況や政治情勢、自然災害などが挙げられます。

これらの要因は、予期せぬ変化をもたらすことがあります。

特に、急激な変化が起こる場合、

それに対応することが難しくなることもあります。

そのため、常に周囲の状況を把握し、

柔軟に対応することが重要です。

また、これらの要因は互いに関連しており、

一つの要因が他の要因にも影響を及ぼすことがあるため、

総合的な視点で分析することが必要です。

事前の対策を講じることで、

影響を最小限に抑えることができるかもしれません。

 

ボラティリティの違い

最近、株式市場でのボラティリティが注目されています。

ボラティリティとは、価格の変動幅を示す指標であり、

市場の不安定さを表します。

異なる投資商品や株式市場において、

ボラティリティのレベルは異なります。

例えば、株式市場のボラティリティは比較的高く、

価格変動が大きい傾向にあります。

一方、債券市場のボラティリティは低く、

価格変動が比較的小さい特徴があります。

投資家は、ボラティリティの違いを理解し、

リスク管理に役立てることが重要です。

投資商品を選択する際には、そのボラティリティを考慮することが必要です。

さらに、市場の状況や世界経済の動向なども、

ボラティリティに影響を与える要因となります。

投資家は常に市場の動向に敏感であり、

リスク管理を意識した取引を行うことが求められます。

 

主要通貨とクロス通貨の将来展望

主要通貨は米ドル、ユーロ、日本円、英ポンドなどで、

将来的にはデジタル通貨の普及や新興国通貨の台頭により、

変化が予想されます。

クロス通貨は主要通貨同士の取引であり、

今後も需要が高まると予測されています。

経済のグローバル化が進む中、

通貨間の取引はますます重要性を増すと考えられています。

 

世界経済の動向との関連性

最近の世界経済の動向は、

私たちの日常生活やビジネスにも大きな影響を与えています。

特に、新型コロナウイルスの影響により、

世界中で景気後退が懸念されています。

企業の業績や雇用状況も不安定な状況が続いており、

消費者の信頼感も低下しています。

 

しかし、このような状況でも、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。

例えば、オンラインビジネスやデジタルサービスの需要が急増していることから、新たなビジネスモデルの構築やイノベーションが求められています。

また、環境問題への対応やサステナビリティへの取り組みも、

今後ますます重要になるでしょう。

このように、世界経済の動向を見極めつつ、

柔軟な対応が求められる時代に突入しているのです。

 

仮想通貨の台頭との影響

仮想通貨の台頭が世界経済に与える影響は計り知れません。

これまでの通貨システムにはない新たな価値観や取引方法が生まれ、

金融市場に大きな変化をもたらしています。

例えば、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、

従来の中央集権的な金融機関を介さずに取引が可能であり、

これによって取引のスピードやコストが大幅に削減される可能性があります。

また、仮想通貨の価値は急激に変動するため、リスク管理や投資戦略の見直しが求められます。

これまでの常識を覆す可能性を秘めた仮想通貨は、

今後ますます注目されること間違いありません。

その一方で、規制の問題やセキュリティリスクなどの課題も、

浮き彫りになってきており、今後の展開が注目されます。

 

テクノロジーの進化との関係

テクノロジーの進化は私たちの生活に大きな影響を与えています。

例えば、スマートフォンやインターネットの普及により、

情報の入手が容易になり、コミュニケーションがスムーズになりました。

さらに、AIやIoTなどの新しいテクノロジーが登場し、

私たちの生活をさらに便利にしています。

 

しかし、テクノロジーの進化には様々な課題も伴います。

プライバシーの問題や情報の過剰流通など、

新たなリスクも生まれています。

また、デジタル化による格差の拡大や労働市場の変化など、

社会全体に影響を及ぼす側面もあります。

 

このような状況の中で、

私たちはテクノロジーの進化を前向きに捉えつつ、

そのリスクを適切に管理していく必要があります。

個人や企業、政府が連携して、

持続可能なテクノロジーの発展を目指し、

社会全体の利益に繋がる取り組みが求められています。

  GoldRushXM  

最後までご覧いただきありがとうございます!

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今の世の中、もはや副業は当たり前になっています。

ですが、実際にはなかなか本業をしながら副業をするというのは、体力的にも、物理的にも、時間的にも難しいのが実情ではないでしょうか?

そこでわたくしPentaのおススメは、FXです。

特にFX自動売買EAは、あなたの代わりに24時間稼働して利益を生み出してくれるシステムとして注目されています。

はじめ方がわからなかったり、FXって難しいのでは?思っている方は、お気軽に公式LINEからお問い合わせください。

お友だち登録をしていただくと、Pentaイチ押しのFX自動売買EA「BRUNO3」を無料でプレゼントしております。

BRUNO3の最新実績はこちらでご確認ください。

現役営業社員Pentaのアメブロ
pentafxさんのブログです。最近の記事は「月曜日のコピトレFXは?(画像あり)」です。

完全無料のシステムにもかかわらず、手厚いサポートもついています。また、参加者さん専用のコミュニティも用意されておりますので、安心してご利用いただけます。

BRUNO3の詳細に関しましては、以下の記事にまとめてありますので是非ご覧ください。

ご利用希望の方は、以下のバナーからPentaの公式LINEにご登録いただき、「ブルーノ3希望」とメッセージを送って下さい。副業に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽にメッセージくださいね。

公式LINE登録用バナー

よろしくお願いします!Pentaでした!

第1位:コピトレFX
コピトレFX
プロトレーダーのポジションをそのまま反映する、これまでにない自動売買EAです。MAMやPAMMのような不透明さもなく、ご利用も無料でいつでも引き出しも可能です。MAMやPAMMで嫌な思いをしてきた方には特におすすめのEAです!
第2位:BRUNO3
Bruno3
ナンピンロジックによる高い収益性に加え、資金を簡単に溶かさないように、安全面もよく考えたロジックを搭載した、新しいタイプのFX自動売買EAです。
第3位:BRUNO4
Bruno4
BRUNO4の改良版です。従来のEUR/USDに加えUSD/JPYの取引も可能。BRUNO3の安全性も踏襲しています。
FX基礎知識
Pentaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました