FX初心者必見!スプレッドによるコストを減らす方法を徹底解説

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FX初心者必見!スプレッドによるコストを減らす方法を徹底解説 FX基礎知識
        GoldRushXM  

こんにちは!Pentaです!

スプレッド、それは取引における隠れたコスト。

初めての取引では少額かもしれませんが、

トレードの度に積み上げられると、

結果的にはあなたの利益をスプレッドが大きく圧迫する可能性があります。

 

でも安心してください。

この記事ではスプレッドのコストを最小限に抑える方法や、

狭いスプレッドを提供しているFX会社、

通貨ペアの情報を分かりやすく解説します。

投資の成功のために、知識を武器に、賢く取引をしましょう!

 

スプレッドの基本:FX初心者が絶対に知っておくべきこと

FX取引をする際、気づくと「買値(ASK)」と「売値(BID)」には差が存在します。

この重要な差を「スプレッド」と称します。

驚くかもしれませんが、多くのFX会社が手数料は無料と謳っています。

しかし、実はこのスプレッドこそが、

事実上の手数料として会社の収益源となっているのです。

スプレッドの幅が広いと、あなたの取引コストは高まります。

逆に、スプレッドが狭いと取引コストは抑えられます。

だから、賢いトレードを行うためには、スプレッドのチェックは必須です。

 

スプレッドのタイプ:「固定」と「変動」の違いを理解しよう

FXの取引を行う際、提供されるスプレッドには大きく分けて

「固定スプレッド」と「変動スプレッド」の2パターンが存在します。

「固定スプレッド」は名前の通り、

通常の状態でスプレッドが一定に保たれます。

しかし、注意が必要なのは、市場が大きく動く時や取引量が少ない時など、

特定の状況下ではスプレッドが大きく開くことがある点です。

 

対照的に「変動スプレッド」は、

相場の動きに応じてスプレッドが連続的に変動します。

単なる一回の取引での微小なスプレッドの違いも、

長期間のトレードを積み重ねるとその差は顕著になります。

 

したがって、最小限の取引コストを目指して、

狭いスプレッドを提供するFX会社の選択が鍵となります。

 

スプレッドが大きく広がる瞬間とその理由

スプレッドが一気に広がる瞬間は、

FX取引を行う上で非常に重要なポイントとなります。

以下に、その主なタイミングを挙げてみましょう。

 

  • 週初めの早朝、特に月曜の明け方
  • 週末の深夜(具体的には日本時間の土曜の早朝)
  • 主要な経済情報が公表される時(例えば米国の雇用統計の際など)
  • 重要な政治家や中央銀行の要人(米国の大統領や日銀総裁など)が発言する時
  • 年の瀬やクリスマスの時期
  • 国際的に大きなインパクトを持つ事件が発生した場合(例:リーマンショックやスイスフランショック)

 

たとえ「固定スプレッド」と称されるFX会社であっても、

上記の状況下ではスプレッドは大きく広がる可能性があります。

したがって、これらの時間や状況を前もって知っておくことで、

賢明な取引を行うための手助けとなります。

 

また、FX市場は国際的な場であり、

特にイギリスとニューヨークの市場が活動的な時間帯、

(日本時間で午後3時から深夜2時頃)が、

主要な取引時間となっていますので、

この点も頭に入れておくと良いでしょう。

 

短期取引におけるスプレッドの影響

短期での頻繁な取引を行う、

スキャルピングのようなトレーディングスタイルを持つトレーダーにとって、

スプレッドはその取引コストとして大きく影響します。

利益を出すためには、

スプレッドの影響をしっかり考慮し、

そのコストを上回る取引を目指すことが鍵となります。

 

さらに、取引コストを最小限に抑えるためには、

どの通貨ペアが狭いスプレッドを持つのかを事前に確認し、

選択することが重要です。

取引開始前の下調べで、より効果的な取引が可能となります。

 

スプレッドが狭いFX通貨ペアランキング

FXの世界では、通貨ペアによりスプレッドの広さが異なります。

このスプレッドの広さは、取引コストとして影響する要因の一つです。

そこで、投資家が意識的に取引コストを下げるために参考となる、

狭いスプレッドを持つ通貨ペアをピックアップしてみましょう。

 

高い流動性を持つ通貨ペアの選び方

狭いスプレッドの通貨ペアの共通点は、

それが高い流動性を持つ大手通貨であること。

流動性が高い通貨ペアは、世界中での取引量が豊富であるため、

大規模な取引が発生してもスプレッドが突然拡大することは少ないです。

 

このような特性を持つ通貨ペアは、

安定して取引を行いたい方や初心者にとっても、

安心して取引を開始できる選択肢となります。

 

取引コストを抑えるスプレッドが狭い通貨ペアTOP3

 

1. ドル×円(USD/JPY)

このペアのスプレッドは、

2020年6月30日時点で、0.2pipsという業界の最も狭い範囲に位置しています。

米国ドルと日本円は、全世界の通貨取引でトップ3に名を連ねる主要な通貨ペアです。

そのため、多くの投資家にとって馴染みのあるペアであり、

FX初心者にも取引しやすい選択となるでしょう。

 

2. ユーロ×ドル(EUR/USD)

ユーロドルのペアに関しては、

0.3~0.4pipsのスプレッドが業界の最狭水準となっています。

ユーロは、世界で第二位の取引量を誇る通貨として知られ、

多くの国際的なトレーダーからの人気を集めています。

 

3. ユーロ×円(EUR/JPY)

このペアのスプレッドは、

0.4~0.5pipsの範囲に収まっており、

これもまた業界内での狭い水準に属します。

ユーロ円は、ユーロドルとドル円の組み合わせによって形成されるため、

クロス円、クロス通貨、あるいは合成通貨とも呼ばれています。

このペアの価格の動きは、

ユーロドルとドル円の動きに影響を受けやすいので注意が必要です。

 

通貨ペアを選択したら次はFX業者選び

スプレッドの狭さは大切ですが、

それと同時に、取引を行うFX業者の選択も重要です。

日本国内では、狭いスプレッドを提供するFX業者が多数存在しています。

その中でも特にスプレッドが狭いと評価されている、

3つの業者を後ほど紹介します。

 

トレーダー必見!スプレッドが狭いFX業者TOP3

スプレッドの広さはFX取引のコストを左右します。

現代のFX業界は、スプレッド競争が熾烈となっており、

多くの業者が狭いスプレッドを提供しています。

これはトレーダーにとって大変魅力的な環境と言えるでしょう。

以下、特に狭いスプレッドを提供するFX業者を、

3つピックアップして紹介します。

賢い業者選びで、取引のコストを効果的に抑えることが大切です。

 

DMM FX

この業者は原則固定のスプレッドを提供しており、

ドル円に関しては0.2pipsのスプレッドを実現しています。

2020年1月のデータによれば、口座開設数は75万を超え、

国内での取引数でトップを誇っています。

DMM FXは、国内FX業界のトップブランドとして高い人気を持っています。

 

SBI FXTRADE

この会社はドル円のスプレッドを原則固定で0.09pipsとし、

業界内でも特に狭いスプレッドを提供していることで知られています。

ただし、取引量が増加すると、

スプレッドが広がる可能性があるとしています。

また、100万通貨を超える取引の場合、

スプレッドが変動制となる点も注目です。

 

GMOクリック証券

原則固定のスプレッドを取り入れており、

ドル円の場合は0.2pipsです。

DMM FXと同様に、業界内での位置付けは非常に高く、

トレーダーに提供されるサービスやツールにも注力している人気のFX業者です。

 

FXスプレッドのまとめ

FX取引に関連するスプレッドの詳細を解説してきましたので、

主要なポイントを再確認しましょう。

 

  1. FXのスプレッドは実質の取引コスト: スプレッドは、FX取引に関連する主要な費用要因となります。
  2. トップ3の狭いスプレッドを持つ通貨ペア を認識しておくことで、より効率的な取引が期待できます。
  3. 狭いスプレッドを提供するFX業者3選 を知っておくことで、トレードのコストを最小限に抑える選択ができます。

 

取引を行う通貨ペアの選択、

そしてその取引をサポートするFX会社の選び方は、

取引の成果に大きく影響します。

トレーダーとして、常にコストを意識し、

最適な環境での取引を目指しましょう。

スプレッド コストに関するよくある質問

スプレッドコストとは何ですか?

スプレッドコストは、FX取引で買値(Ask)と売値(Bid)の間の価格差を指し、トレーダーが取引を行う際に支払うコストです。この価格差はトレーディングの直接的なコストとなります。

スプレッドによるコストはどうやって計算するのですか?

スプレッドによるコストの計算は比較的簡単で、以下の式を使って行われます。

スプレッドコスト=(Ask価格−Bid価格)×取引数量(ロット数)

  • Ask価格(買値): 買う取引(買いポジションを開く)を行うときの価格です。
  • Bid価格(売値): 売る取引(売りポジションを開く)を行うときの価格です。
  • 取引数量(ロット数): トレードのサイズやボリュームを示します。

この計算を使えば、トレードごとのスプレッドコストを簡単に見つけることができます。このコストは、取引を開始するときにトレーダーが支払う初期コストとなります。

スプレッドは円換算するといくらですか?

スプレッドの円換算は具体的な状況や数値が必要ですが、基本的な計算方法は以下の通りです。

  1. スプレッドの計算:まず、スプレッドを計算します。これは買値(Ask)と売値(Bid)の差です。

    スプレッド=Ask価格−Bid価格

  2. スプレッドコストの計算:次に、スプレッドを取引量(ロット数)で掛けることによって、スプレッドコストを計算します。

    スプレッドコスト=スプレッド×ロット数

  3. 円換算:最後に、スプレッドコストを円に換算します。これは通常、スプレッドコストを現在の為替レート(通貨ペアがJPYを含む場合)で掛けることによって行われます。

    スプレッドコスト(円)=スプレッドコスト×現在の為替レート

この計算を円で行うには、取引される通貨ペアがJPYを含むことが前提となります。また、スプレッドコストが別の通貨で計算される場合、その通貨から円への現行為替レートを使用して変換します。

スプレッドと手数料の違いは何ですか?

スプレッドは買値と売値の間の価格差で、トレードを開始時に間接的に支払うコストです。一方、手数料はブローカーがトレードごとに直接請求する追加の費用です。この手数料は取引の量や価格に基づいて計算されることが多いです。

  GoldRushXM  

最後までご覧いただきありがとうございます!

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今の世の中、もはや副業は当たり前になっています。

ですが、実際にはなかなか本業をしながら副業をするというのは、体力的にも、物理的にも、時間的にも難しいのが実情ではないでしょうか?

そこでわたくしPentaのおススメは、FXです。

特にFX自動売買EAは、あなたの代わりに24時間稼働して利益を生み出してくれるシステムとして注目されています。

はじめ方がわからなかったり、FXって難しいのでは?思っている方は、お気軽に公式LINEからお問い合わせください。

お友だち登録をしていただくと、Pentaイチ押しのFX自動売買EA「BRUNO3」を無料でプレゼントしております。

BRUNO3の最新実績はこちらでご確認ください。

現役営業社員Pentaのアメブロ
pentafxさんのブログです。最近の記事は「月曜日のコピトレFXは?(画像あり)」です。

完全無料のシステムにもかかわらず、手厚いサポートもついています。また、参加者さん専用のコミュニティも用意されておりますので、安心してご利用いただけます。

BRUNO3の詳細に関しましては、以下の記事にまとめてありますので是非ご覧ください。

ご利用希望の方は、以下のバナーからPentaの公式LINEにご登録いただき、「ブルーノ3希望」とメッセージを送って下さい。副業に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽にメッセージくださいね。

公式LINE登録用バナー

よろしくお願いします!Pentaでした!

第1位:コピトレFX
コピトレFX
プロトレーダーのポジションをそのまま反映する、これまでにない自動売買EAです。MAMやPAMMのような不透明さもなく、ご利用も無料でいつでも引き出しも可能です。MAMやPAMMで嫌な思いをしてきた方には特におすすめのEAです!
第2位:BRUNO3
Bruno3
ナンピンロジックによる高い収益性に加え、資金を簡単に溶かさないように、安全面もよく考えたロジックを搭載した、新しいタイプのFX自動売買EAです。
第3位:BRUNO4
Bruno4
BRUNO4の改良版です。従来のEUR/USDに加えUSD/JPYの取引も可能。BRUNO3の安全性も踏襲しています。
FX基礎知識
Pentaをフォローする
Pentaの副業リサーチ
タイトルとURLをコピーしました